脱毛サロンで施術前の処理はどこまでするべき?腹が立つ体験談。

医療脱毛、エステサロン脱毛、どちらにしても施術前にしないといけないことがあります。

「施術個所の毛の自己処理」です。

これって、どこまでしたらいいのか悩みませんか?

顔の脱毛やワキの脱毛なら、悩むことなんてないですよね。

いつものお手入れを変わらないことをしたらいいだけだもの。

でも、もし施術箇所がうなじだったら?背中だったら?

腕や足だって届かない箇所があり困ることがありました。

一人暮らしの場合、背中やうなじ、どうやって処理すればいいのか。届きませんもんね。

親切なサロンだったりすると、「できる範囲で結構ですよ。あとはこちらで施術前に処理いたします。」という対処をしてくれます。

親切とは言い難いが、「有料ですがスタッフが施術前に剃毛いたします。」というサロンもまだマシです。

問題は、「何とか頑張ってください。剃毛できていないところに施術はできません。」というサロンです。

私は運悪く、そんなサロンに出会ってしまいました。

そもそも無料カウンセリングの段階で担当の方に「一人暮らしで届かないので、処理が難しい。その場合どうすればいいのか?」と相談していました。

すると担当の方は「こちらが用意する電気シェーバーをご購入ください。施術のときにそれを持ってきていただければ、剃り残しがあった場合はこちらのスタッフで処理いたしますよ」と、すごくステキな笑顔で言われたので、納得して契約しました。

ところが、実際に施術の日になると一転。

「そんなサービスは行ってない。ご自身で剃毛していただかないと施術はできない」の一点張り。

店長を交えての話し合いになりましたが、解決せず。

それどころか「カウンセリング担当が勝手に言ったことに関しては責任とれません。ご解約したかったら、どうぞご勝手に」と言われ、解約センターに電話して解約しました。

さらに腹立つことに、解約するために電話かけるところが有料ダイヤルな上、ヒアリングと称して30分くらい話をさせられ、さらに契約した金額から結構大きい金額を解約手数料として引かれたこと。

これが日本最大と言われている脱毛サロンがすることか…と憤ったのはいうまでもなく。

お勉強代として考え、それ以降契約するときは剃毛のことも含め、きちんと話を聞き、契約書を読んでから契約するようにしています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。