脱毛を自己処理して毛抜きで1本ずつ抜いたら激しい肌荒れに。

私は昔からあまり毛深い方ではありませんでした。

なので、脱毛エステなどには全く興味が無く、そういった事にお金をかけたことも基本的には無いので、ずっと自己処理で脱毛をしてきています。

身体の部位によって生え方なんかも若干異なるので、その箇所によって処理の仕方や方法を変えています。

一番処理を多くする腕やワキ、脚に関しては常に入浴時にT字のカミソリで処理をしています。

季節によって生えてくる期間も異なるので、ブツブツになったり痕が残らないようにある程度目立つ生え方をするまで残しておいてから処理をするようにしています。

また、私はもともと肌が弱い方なので、あまりに自己処理の回数が多くなると、特に冬の時期に関してはすぐに肌が赤くなり、カミソリ負けをしてしまいます。

そういった現状もあることから、何度も自己処理で脱毛をしなくてもいいようにというのと、こちらのやり方の方がカミソリよりもキレイになるかもしれないと勝手に思い込み、脚の毛をある程度伸ばした後に毛抜きで1本1本抜いていきました。

抜く時はさほど痛みも感じませんし、キレイに根本から抜けてくれる感じがあったので良い感触でした。

抜いている途中は剃った後とは違い、全く毛が無くなる状態になるので絶対このやり方の方がキレイに仕上がると思っていました。

それが翌日、自分の脚を見てみると抜いた部分がブツブツになり、脚全体が赤くなってかなりの肌荒れを起こしていました。

肌が弱い人間は1本1本抜いてはいけないんだとこの時に初めて知りました。

ショックでしばらくフルレングスのパンツしか履けませんでした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。