ピンセットでの脱毛の失敗談。埋もれ毛と肌トラブルの悪循環に。

私が自己処理脱毛で使ったのはピンセットです。

このピンセット一本で眉毛から脇やVまで片っ端から抜いていたことがありました。

抜く時が多少痛いのは想定内なので、無心でひたすらブチブチ抜きました。

とても人様には見せられない姿で自室やバスルームにこもって黙々と作業です。

一本一本抜かなければならないのでとても時間がかかり、余裕がある時でないと出来ません。

そして、満足いくまで抜き続け、最後に鏡で色んな角度からチェックした後、達成感に包まれます。

しかし、抜いて数日は良いのですが、あまり消毒もせずに使い続けたピンセットは雑菌がいっぱいだったのか、幹部が赤くなってしまったり、化膿して膿を持ってしまったりすることも。

そして、トラブルになってしまった後の肌の下から生えた毛は大体埋もれ毛に。

そこからは、生えてくると痒みや肌トラブル、それを解消するために埋もれている毛を無理やりピンセットで引き抜き、そしてそこが化膿したりして更に肌トラブルに…という悪循環でした。

最終的に黒ずんでしまうまで続けてしまったので、とても後悔しています。

黒ずんでしまうと、その周辺はエステで気軽にできるフラッシュ脱毛などでは脱毛できません。

黒い色素に光を与えて毛根にダメージを与える手法なので、シールなどで隠さなければなりません。

結局その部分だけ自己処理をしていかなくてはならなく、自分で手を出す前にプロに頼んでおけばよかったなぁと後々かなり思いました。

綺麗な脇が羨ましいです…。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。