毛抜きでの処理は埋もれ毛が出来る?自己処理は面倒です。

私は高校生の頃、ムダ毛の処理を毛抜きやカミソリで行っていました。

制服のスカートからはみ出るすね毛や、ふと腕を挙げた瞬間に見えてしまう脇毛など、周りの友達はみんなチェックが厳しかったです。

そして、少しでもムダ毛があると、指摘されたり陰口を叩かれることもあり、みんなムダ毛の処理に必死でした。

本当は本格的に脱毛したかったのですが、まだ脱毛サロンに行けるお金もなかったですし、周りの友達もみんな毛抜きやカミソリで頑張って処理していました。

ある日、いつものようにお風呂上がりに脇毛の処理を毛抜きで行っていると、埋まっている毛があることに気がつきました。

見た目は黒い点なのですが、その部分の皮膚を毛抜きでつまんで少しだけ穴を開けてみると、ピローンと毛が伸びてきたんです。

『えっ?!何これ?気持ち悪い…』と思いました。

でも、よくよく見ると、それは一つだけではなく、いくつも出来ていました。

恥ずかしい気持ちではありましたが友達に相談してみると、どうやらその友達も皮膚に埋まっている毛が出来ているようでした。

皮膚に埋もれてしまったムダ毛についてクラスで密かにアンケートを取ってみると、どうも毛抜きを使っている友達のみ、同じような悩みを抱えていることが分かりました。

毛抜きでムダ毛を抜くことを続けていると、皮膚の中に毛が埋まってしまうので、要注意です。

ちなみに、埋もれ毛は放っておけば元に戻ります。

ですが、月単位の辛抱が必要かもしれません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。