脱毛ラボの施術でトラブルが。提携の皮膚科もあるのだが…。

脱毛ラボで全身脱毛を始めて3、4回目の施術のときのことでした。

施術後も特段異常は感じられず、初夏ということもあり、その日はぬるめのシャワーを浴びて眠りました。

翌朝、両方の腕から肩にかけて、赤い発疹が大量に出ていることに気づきました。

痛くもかゆくもなかったので、ひとまず冷やし、脱毛ラボに連絡しました。

午前中に施術を受けた店舗へ出向き、スタッフの方に症状をみてもらいましたが、その場での応急処置は特にできないらしく、施術後には起こり得る症状とのことで、心配であれば脱毛ラボのスタッフ同行の上、提携の皮膚科へ行くことになると言われました。

皮膚科へ行ったとしても、経過観察にらなるのだろうと感じたため、皮膚科へは行かず、そのままその日は仕事へ行くことにしました。

初夏というのに、発疹を隠すために長袖を着て過ごす羽目になり、大変不快な1日となりました。

脱毛ラボとの契約を決めたのは、トラブル時には専門医にみてもらえるという安心感があったことが一因でしたが、トラブル時に再度店舗に出向いて一度症状を見せる必要があることや、皮膚科へ同行してもらえるといえど、日常生活が不便になるトラブルが起きているのに、時間を取られることはやはり変わらないと感じました。

結局大事にはいたらず、翌日には発疹もひいて、肌も隠さず出勤できるようにもなりました。

“専門医にみてもらえる”ことを、トラブル時にすぐ店舗でみてもらえると解釈してしまった自分も早とちりでしたが、トラブル時にはこのような手順を踏む必要があることを詳しく説明してもらえていたら、トラブル時に慌てたり不安に感じたりすることが少なかっただろうと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。