ケノンの使い方とは?1年使ったらどうなった?

私は2年間脱毛サロンに通っていたのですが、その脱毛サロンが人気になり予約が取りづらくなってきたことがきっかけで家庭用脱毛器のケノンを購入しました。

最初は自宅ケアに少し不安もありましたが、説明書やネットで使い方をよく見ていたので、初めてでもスムーズに使うことができました。

ケノンは光の強さを1~10まで、そして一度に光を当てる回数を1回3回5回と選べるので、最初は弱めの光を一回ずつ当てていました。

慣れてきたら、7の強さを一度に3回当てて使用しています。

膝や脇などの骨が近い部分は少し痛みがありますが我慢できる程度ですし、光の強さや回数を調整しながら当てています。

私が思う家庭用脱毛器の良さは2点あります。

まず1点目は、デリケートゾーンも処理できることです。

私は髪質がしっかりしているのでムダ毛もしっかり目に生えています。

デリケートゾーンのムダ毛もずっと気になっていましたが、脱毛サロンでは見られるのが恥ずかしくて処理をお願いできませんでした。

ですが、家庭用脱毛器では自分で処理できますし、当てる部分をゆっくり確認しながらだと安全に使えます。

見えづらい部分なので私は鏡で確認しながら使い、肌が荒れたこともないですし、ムダ毛も少しずつ落ち着いてきました。

2点目は、いつでも処理できることです。

サロンではなかなか予約を取れませんでしたが、家庭用脱毛器だと自分の空いた時間に処理できるので助かっています。

理想は10日間に一回です。

そんなに時間もかからないですし、私は両腕、両脇、デリケートゾーン、両足をいつも処理するのですが、1時間半程でいつも終わります。

時間がないときは、今日はこの部分だけ、などと分けて処理できるのでとても便利です。

家庭用脱毛器を使い始めて1年程経ちますが、ムダ毛がだいぶ目立たなくなってきたので、もう少し綺麗になるまでこの調子で使い続ける予定です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。