ソイエの旧型を今も愛用しています。難点はあるの?

私が家庭で定期的に使っている脱毛器は、「ソイエ」です。

足・腕用と脇用で付け替えができるようになっていて、かれこれ10年ほど愛用している旧型のものですが、壊れたりすることなく今も頑張ってくれています。

ソイエで脱毛するまでは剃刀だけで処理をしていましたが、毛深くなる一方でした。

特に脇の毛は、剃れば剃るほど濃くなる気がしました。

ソイエでの脱毛を始めてからは、脇の毛はキレイに抜けるし、私の場合は5日くらいは何もしなくても大丈夫な状態をキープできていました。

足と腕でも同じです。

困った点としては、私の毛は薄くてヘニャーと生えてくるので脱毛器の刃がひっかかりにくいなという点です。

あと、肌があまり強い方ではないので、脱毛器を使った後は必ずと言っていいほど脱毛したところが赤紫色の斑点のようなものが出来てしまいます。

なので、脱毛するのは夜しか無理でした。

一晩眠ると赤みはひくので…。

ですが、脇は普段見えないところなので、時間帯を気にせずに脱毛していました。

また、脇の毛は足と腕より毛が濃かったので、脱毛器の刃がうまくひっかかってくれて、抜いた後も黒い毛根は残らないので本当に重宝しています。

抜く時の痛みにさえ慣れてしまえば、1台あれば本当に便利な商品だと思います。

私は旧式のソイエを使っていますが、今は進化して、抜く、剃ると両方の機能が備わっているそうです。

今使っている脱毛器が壊れたら、ソイエの最新型を購入したいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。